【サーフィン世界旅行記ep.17】life of wombat モロッコ編 ~モロッコ5000kmの旅スタート!そしてまたトラブル、、~

みなさん、お久しぶりです。

世界一周を終えオーストラリアとシメルー島でのコーチングと怒涛の2ヶ月を過ごし、バリでのJPSAも終え只今西日本をキャンピングカーで1ヶ月旅しています!

とにかくこの半年は怒涛で、やっとゆっくり出来る感じです。キャンピングカーでですが。笑

キャンピングカー旅についてもまた書きます!

さて、やっとの事で今日から世界一周ブログを再開します。笑

この旅で一番思い出の詰まったと言っても過言ではないモロッコ編からの再スタートです。

先日、モロッコvlogをアップしたところ、沢山の方からのメッセージを頂き、そしてシェアして頂きました!

ありがとうございます。

見ていない方はこちらから是非!

https://

この旅の中でも一番自分の価値観の幅を広げてくれた国じゃないかなって思います。

ヨーロッパの文化と中東の文化が入り混じる複雑な国で、大都市カサブランカは南アフリカの玄関口とされ、高層ビルばかりでたくさんの人種で溢れかえっていて熱気が凄いです。

かと思えばモロッコの果て、サハラ砂漠の方の村へ行けば時が止まってるんじゃないかと思うほど。

とにかく様々な顔を見せてくれるモロッコでした。

このモロッコから車を借りロードトリップの始まりだったので、それが何よりの楽しみでした!

ひとつ気がかりだったのが、初めての国でしかもモロッコで左ハンドルのマニュアル車ということ。笑

久しぶりの右車線で最初の数時間はワタワタしながらの運転。笑

慣れてくると周りの景色を見る余裕も出てきたのでゆっくり眺めると景色が圧巻でしたね。

オーストラリアでアデレードからウルルまで荒野を16時間運転した時もありのままに残っている景観に自然の力強さと、いかに人間がちっぽけな存在かを思い知らされたんですが、それ以上にモロッコの景色は凄かったです。

何時間運転しても飽きないほど。

目的地までの道程も楽しめるロードトリップは本当に最高です。

今回のロードトリップではこんな感じで回る予定でした。

巨大な旧市街とスーク(市場)があるマラケシュ、そして大西洋に面した海の街タガズート、そこから一気にモロッコを横断しトドラ渓谷を経由してサハラ砂漠へ。

その後はシャウエンと青の街を経由してカサブランカへ戻り、ヨーロッパへ突入する経路です。

僕の中で一番楽しみにしていたのが、サハラ砂漠でのキャンプです。あの砂の世界で見るサンセットをずっとカメラに納めたく長い時間をかけて撮影プランを立てていました。笑

カサブランカからマラケシュまでは4時間のドライブ。お昼にカサブランカに着いたので夕方前にはマラケシュに到着予定でした。

予定通りに行くはずもなく、景色を堪能しながら運転していたら結局着いた時にはすでに暗くなる寸前。笑

着く寸前まで壮大な景色を見て二人で興奮しながら、この旅の達成感(終わってなかったですが笑)に浸っていたいたんですが、いざグーグルで設定した目的地付近についてみるとまさかの展開が。

本当にかなり焦っていたので全く写真を撮れていないんですが、ホテルの場所がなんとスーク(巨大市場)の中だったんです。

こんな感じです。笑

ここを車で行けって事なの?!と度肝を抜かれてしまいましたが、車を傷つける怖さもあったし、こっちは鉄の塊に閉じ込められているわけで、突然誰かに窓ガラスを割られてもおかしくない地域にいたので流石にこれは無理だと判断し、とりあえずホテルに電話する為適当な場所を見つけ車を路肩に停めました。

これがこの後のトラブルの引き金だったのはこの時は全く知らずに、、、

ホテルに電話するとすぐ出てくれて今からスタッフを送るからそこで待っててくれと言われたので待つことに。

この時すでにあたりは暗くなり始めていたんです。

一安心してやっと周りをしっかり確認する事が出来たんですが、まあ目立つ。

僕達が観光者でしかもアジア人というのは火を見るより明らかで全員が、わけのわからない場所に車を停めている僕達を見てきていたんです。笑

その場にいた時は全く笑えなくて、あれなんかやばい場所?と思うほど。

あたふたしてるところを見られたらナメられて何されるかわからないと思った僕はとりあえず車の外に出て、見てくるやつ全員を見返してその場を凌いでました。

凌げてたかどうかは全くわかりません。笑

ホテルの人が送ってくれたであろうスタッフは待てど暮らせど来る気配なし。

そんなこんなで待っていると、その辺りの路上パーキングを仕切っているであろう若者がこっちに寄ってきたのです。

“へーい、ブラザー。どうしたんだい?手伝おか?”

悪魔のささやきですね。

なんでお願いと言ってしまったのか、自分でも不用心だなと思い反省しましたが、

“ホテルのスタッフが迎えに来ないんだよ、電話かけてくんない?”

と普通に自分の携帯を渡してしまったんです。

渡した瞬間に。

あ、これこのまま逃げられたらやばいと思ったんですが、その時にはすでにホテルのスタッフと電話で話していて取り返すことも出来ず、逃げようもんならタックルして奪い返そうと身構えて、話が終わるのを待ってました。

“俺がホテルまで案内してやろうか?”

と言ってきたので、流石にこれには頑なに拒否を続けスタッフを待つ事に。

結局30分以上をその場で待ち続けてやっとスタッフが登場。

スタッフが車に一緒に乗って駐車場まで案内すると言うので、さあ出発しようとするとちゃんと今まで温厚に手助けをしてくれてたその若者が、

“おい、ここに停めてたんだから金払え”

と、予想通りの展開に。笑

ここはパーキングじゃないじゃん全く関係ないところじゃんと説明しても金を払えの一点張り。

そうすると何を思ったか矛先が彼女に向いてしまったのです。

その言葉に彼女も激しめに言い返すと、多分女性だから舐めているのでしょう、心無い言葉を吹きかけてくるのです。

軽くここでは書いてますが、実際この若者は胸糞悪くなるくらい酷い言葉ばかり使っていて実際僕もかなり怒ってました。

でもその一方で冷静な部分の自分が、ここで俺も言い返したら何されるかわからないと思い、彼女をなだめるのに必死に。

でも彼女からすると言われてるのは私なのになんで私をなだめるのと、僕たち二人も喧嘩。笑

5分近くはバトルをしながらも、最終的にシカトを貫き何とか何も起こらずそこを去ることに、、

車の中にいたホテルスタッフはその言い合いを見ていて止める素ぶりも全く見せず、むしろ大笑いしていたので気分が悪くなりこのホテルにはもう泊まらないと伝え別のホテルを再予約。

二人とも精神的に疲れてしまっていたので、今日は良いところに泊まろうと、予算オーバーではあったけどしっかりとしたホテルを予約しました。

この日がこの旅で一番疲れた気がする。笑

モロッコを嫌いになりかけた初日なのでした。

冷静に考えると、この時に何もなくて本当に良かった。

後日知った事なんですが、この日に同じ街でスウェーデン人の女の子二人組のツーリストがISISに惨殺されていたそうなんです。

観光地とはいえ、危険なこともたくさんあるので無駄なエネルギーとトラブルは本当に避けないとな、と猛烈に反省しました。

旅といえばトラブルがつきものと言いますが、命は1つ。

トラブルが無いに越したことはありません。

準備もリサーチもなしに無謀な事をするのは絶対にダメですね、、

初日の観光は全くをもって出来なかったので、早朝出発を予定した僕たちは予定を変更し、午後遅めに出発する事に。

昼間の時間を使ってホテルから歩いて旧市街を散策しました。

昨日の出来事があったから2人とも沈み気味でしたが、街を歩けばスークの魅力に呼び起こされて数時間後には元気いっぱいに。笑

色々あったけど、マラケシュは楽しい街でした!

スークには1ミリを隙間がないくらいお店が立ち並び、どのお店にも中東感のある絨毯やランプ、完成品からジュエリーまで、女子にはたまらない空気感となっていました。

僕たちもモロッコならではの革製品を購入。

そして時間はあっという間に過ぎ、出発の時間に。

ここから僕たちは西に向け車を走らせ海の街タガズートを目指します。

モロッコからお隣の国スーダンまで続いているアトラス山脈を超えるのですが、ここの景色がまた圧巻。

昨日までのストレスを自然に癒してもらいながら3時間半のドライブです。

自然と寄り添うとこんなにもストレスが一気に解消されるんだなと、マックスなストレスを味わった僕らはどんな瞬間よりもそれを感じたと思います。

少しピリピリしていた2人でしたが自然のパワーで完全復活。

3時間半のドライブもあっという間に終わりました。

当初の予定ではこの日の夕方前にはタガズートに到着し、海に入れる予定でしたがプランを変えた為海辺のホテルに着いた頃にはもう真っ暗な時間。

今度は何事もなくホテルを見つけられチェックインを済まし、近くの屋台でモロッコ名物のタジ鍋を頼みパンを片手に食します。

その日の波をSNSでリサーチしているとかなり良い波だったことがわかり、かなりテンション上がりました。笑

次の日、どんな波が待っているのか期待を膨らませながら早めにこの日は就寝しました。

次回は、海の街タガズートでの4日間についてです!

関連記事

  1. 【サーフィン世界旅行記ep.7】life of wombat インド編…

  2. 【サーフィン世界旅行記①】life of wombat ~はじまり~…

  3. サーフィン世界旅行記ep.13】life of wombat エジプト…

  4. 【サーフィン世界旅行記③】life of wombat ~何故旅をする…

  5. 【サーフィン世界旅行記ep.10】life of wombat スリラ…

  6. 【サーフィン世界旅行記ep.11】life of wombat スリラ…

  7. 【サーフィン世界旅行記ep.14】life of wombat エジプ…

  8. 今日から!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP