【サーフィン世界旅行記ep.7】life of wombat インド編 ~最後の最後までインドだった~

おはようございます、こんにちは、こんばんは!

スリランカン朝食を優雅に食べながらの投稿です。

スリランカ での滞在も折り返し地点にやってきました。僕はもうすでに次の旅へ出発したくてうずうずしています。笑

そして!

今日はいよいよインド編最後のブログです。

4日間しか滞在していませんが、なんせ毎日濃い時間を過ごしたので予定よりも長編となりました。

帰りの飛行機が夜中の02:00、そして空港までのバスが13:00発だったので午前中は目一杯時間があった僕達。

最後に見に行こうと決めていたのが、世界遺産でもあるアンベール城。

ピンクの街、ジャイプール市街からトゥクトゥクでおよそ45分の距離にあり、ジャイプール の街を見渡せる小高い丘の上にあります。

中世時代にはここが王国の中心だったそう。

山道をくねくね登り、しばらくすると平たんな道路に。そしてその瞬間目の前の丘の上に迫力満点なアンベール城の姿が!

予想以上の大きさと迫力に息を呑みます。

これぞ城!といった外観でこんなにも力強い建物なんだと驚きました。

駐車場に着くと下から歩いて宮殿の中まで向かいました。

この雰囲気のせいなんですかね。

いつもよりも足取りがお上品になった気がしました。笑

どこを見ても映画の世界が広がっていて、ここに実際に人が住んでいたなんて信じられないほどでした。そんな時代があったんだもんな~。

像にのって宮殿広場まで行くツアーもあるみたいですが、これは心が痛むので出来ませんでした。一頭の像が横を通りすぎる時に目から涙が出てるのをみて本当は嫌なんだろうなと。勝手に思いました。像が何をどう考えてるかは理解することは出来ませんが、本当にこれで良いのかなと、でも何も出来ない自分に虚しさを感じながら像の横を通り過ぎました。

こういう問題はちゃんと勉強しないと何も言えない。つくづく勉強不足だと痛感。

自然と共有共存してスポーツをしている身としてはしっかりとこういう事も勉強していかないとな。

広場まで着き撮影などを済ませた僕達は、そのまま来た道を下ることに。

片道20分くらいだったけど天気も良く気持ちいい散策となりました。

トゥクトゥクに戻ると他には寄らずそのままホテルへ。ゆっくり観光したけどバスの時間にはまだまだ余裕があったので気持ち的にも楽に帰り支度出来ました。

バスの出発時間15分くらい前にはターミナルと言われる場所にはついていたのですが、これがまたわけがわからない場所だったんです。

高速道路の下に、(日本で言う首都高下みたいな感じ)ずらーっと大型バスが並んでて、歩道にはこれまたずらーっと出店とツアー会社の簡易的セールスデスクが並んでいて、人口密度マックスのカオス状態でした。笑

チケットに書いてある場所にはいるんだけどバスが見当たらず、トゥクトゥクドライバーですらチンプンカンプンな状態。

でもこのドライバーが何件ものツアー受付デスクに聞いてくれたおかげで、予定していて場所からゆうに300m以上離れた場所に停車していたバスを発見!

このドライバーがいなかった完全アウトでした。

休日の竹下通り並みに人、人、人、だったので荷物を盗まれないように気をつけながら、バスに詰め込み無事乗車完了。

ここからは6時間かけて空港まで向かいます。

内装は日本の大型バスとは異なり、普通の座席の上に寝台があってかなり窮屈で圧迫感がある感じでした。まあほとんど寝てたのでそんなに気にはなりませんでしたが。

途中トイレ休憩で何個か停車し、予定時間より1時間遅れで空港付近に到着。

次の瞬間衝撃な出来事が。

空港で降りるやつここだぞ!

と大声で添乗員が車内に向かって叫ぶので降りて行ったら、

なんと高速道路と一般道出口の境の縁石!

え?

空港どこ?

と聞くと、

あっちに歩いて15分くらいだ。忘れ物ないか?

レッツゴー。

と言い残し行ってしまいました。笑

ジャイプールは良い感じのところだな~と思いながら終われるかと思いきや、最後の最後にインド出されました。笑

しかもそこから5km以上あって到底この荷物で15分じゃつかないことが発覚。笑

最後の最後までインドにわからされましたとさ。

ですがこんな大荷物で歩いてると同じ方向に向かって歩くお兄ちゃんがいて、可哀想だと思ったのかタクシーを停めてくれて空港までの足をゲットしてくれました。

そしてそして、空港でタクシーから降りてお金を払うとなぜだか100ルピーもまけてくれたんです。今までにあったインド人じゃ考えられない。

これまた衝撃でした。笑

最後の二人の優しさに、うん、インドまた来ようとなった僕達二人なのでした。笑

やっとの思いで空港に着き、無事に02:00発のチェンナイ行きの飛行機に乗る事が出来ました。

実際空港でも色々あったのですが、それは次回の投稿でお話しします。笑

旅はトラブルのつきもの。

ほんとその通りです。

そしてそんな時に人の優しさに触れる事が出来るのも、旅の醍醐味なのでしょうか。

二人とも怪我もなく体調を崩す事なく、無事にインド旅を終えることが出来ました。

さあ次回からは第2ヶ国目、スリランカ編となります!

お楽しみに!

関連記事

  1. 【サーフィン世界旅行記③】life of wombat ~何故旅をする…

  2. 【サーフィン世界旅行記②】life of wombat ~いよいよ出発…

  3. 【サーフィン世界旅行記①】life of wombat ~はじまり~…

  4. 【サーフィン世界旅行記ep.16】life of wombat 帰国編…

  5. 【サーフィン世界旅行記ep.17】life of wombat モロッ…

  6. 【サーフィン世界旅行記ep.6】life of wombat インド編…

  7. 【サーフィン世界旅行記ep.10】life of wombat スリラ…

  8. 【サーフィン世界旅行記ep.8】life of wombat スリラン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP